月の足跡
リヴリーの飼育から擬人化小説に至るまで・・・リヴに関する日記を書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいんですか?
あぁ、久しぶりにカテゴリが女性向けな気がする・・・!!
とりあえずやりますか!!

バトンですね。
誰からとか、どこから回ってきたかは、あえて何も申しません(笑

そしてカテゴリ"女性向け"ですから、それなりにそれなりの内容です。
大丈夫だよ、って方は[read more]からどうぞ。

更に反転とかしてるけどね!



というわけで、回ってきたのでお答えしたいと思います。

【喘ぎ声バトン】
 この時点で、何かを悟って欲しい(笑
 対象は、ユーラとヴィオルですv


①お宅のお子さんはどんな喘ぎ声ですか? イラストにして描いてみましょう。
イラストが苦手な方は言葉で表して下さい。


もちろん言葉なんだけど・・・どうしよう。
やっちまうか。

反転しますよ。


 夜半過ぎに降り始めた雪は止むことなく、真っ黒の空から舞い落ちている。

 しん・・・と静まり返った静寂の夜
 雪明りだけを取り入れた薄暗い室内に、憂いを帯びた濡れた声が響く。


「あっ・・ん・・・ヴィ・・オ・・・っ・・」


 首を振るたびに、真っ白なシーツの上に散らばる薄紫の髪がパサパサと乾いた音を立てる。
 ヴィオルの背に回された手は無意識に爪を立て、半開きになった口からは乱れた息だけが繰り返し吐き出されていく。


「ユーラ、大丈夫か?」


 ヴィオルから優しさを伴った視線を投げられ、ユーラは薄っすらと目を開けると彼を引き寄せた。


「大・・丈夫・・・、大丈夫ですから・・・。早く、もっと貴方が・・欲しい・・・」


 自ら口唇を合わせ、互いの舌を絡め合う。


「ん・・ふぅ・・ぁ・・・」


 口の端から零れ落ちる唾液もそのままに僅かに身体を揺らすユーラに誘われるがまま、ヴィオルはゆっくりと腰を動かし始めた。




てか、ちょっと待って。
あの・・・、この日記サイト、強制的にジャンルをアダルトとかにされないよね!?
と・・、とりあえずユーラが喘いだからそれでいい? ダメ!?

ヴィオルは、相手を気遣いつつ、息だけ荒げてると思うよ。
声は果てる時に「・・・っ・・」とかしか言わないかな(マテ


ま・・まとめよう。


②お宅のお子さんは受け?攻め?リバ?
見ていただいた通りですが・・・

ユーラ:精神的攻めな受け
ヴィオル:精神的受けな攻め

ですね。
リバにはなりません、身体的に。
ただ、ユーラさん単体だと、リバだと思います。
LNC時代は、誰それかまわず的でしたしね・・・。
抱かれる事もあれば、女を抱く事もあった。
男を抱く事はなかったと思いますが・・・

ヴィオルは単体でも、攻め。
つか、こいつが受けってあんまり考えられない・・・。
キス程度の受けなら、ヴィンが相手なら可能かと思われますが、肉体的には完全攻めキャラです。


以上、こんなんでよろしいかな??


③このバトンを是非やって欲しい人に回してください。(複数人可

回さないよ! 回さないからね!!



いや、もうホント・・・
中途半端というか、初めてヴィオユラのそういうシーンをちょこっと書いた気がする。
こっちがドキドキしてしまった・・・。

お目汚し、失礼致しました。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://fenly.blog31.fc2.com/tb.php/661-d8d7bc3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Web拍手





最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

Author:静稀
設定上は24歳の男だったりします。
あくまで・・・設定ですけどね



最近のコメント



著作権表示

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。 リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。 このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社とは一切関係がありません。



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メロ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。