月の足跡
リヴリーの飼育から擬人化小説に至るまで・・・リヴに関する日記を書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふひぃ
何かを全てやり終えたような満足感に浸っています。
余は満足じゃ。(お前は何様じゃ

何だろう・・・。
書くことを止めなければ、スランプはこないのかな。とそう思って
今必死にPCだったり、ノートだったりに、書き書きしてます。
同時進行多すぎて、どれも中途半端になっているのが否めないのですが・・・。

ヴィンとカルネアのお話も書きたいし。
ユーラのお話も書きたいし。
ロセヴィンも書きたいし。
フェンリとディグを含めた家族話も書きたいし。

たぶん、色々なところから、我が子に対して何かひとつのキーワードを貰っているからかもしれません。
私はよく、単語ひとつでももらうと、そこからアレやコレやと妄想することがあります。

フェンリとディグのお話は、ドーナツ。
リヴ界でのお知り合いが少ないので、バトンにお答えすることはできないのですが、その代わりにドーナツネタでひとつ兄弟話を書こうかと思ってます。
ロセヴィンは、アレだし・・・(笑

ユーラのお話も、クールな人ってあげてもらったので、今度はちょっと男らしいユーラさんをやってみようかと考えててね。
いつも儚さ優先になってるので、LNC時代の時のように男らしいけど艶やかなユーラが書きたい。

ヴィンとカルの話は、最近ずっと"朧月夜"を聴いているから。
童謡です。
菜の花畑に入日薄れ~ってやつです。
これを、数年前に中島美嘉さんが、"朧月夜~祈り"だっけ、で歌ってましたよね。
あれが耳に凄く残ってるんです。
で、あの森で、この歌を静かに歌いながら踊るカルネアが頭から離れなくて・・・



「私の命はあんたよりも早く尽きてしまう事は変え難い事実。だけどね、あんたが嘆く事はないんだよ。これは長い時の中のほんの小さな欠片に過ぎない。心に留めてはいけないんだよ」

「酷な事を言う」

「今まで多くの人の生き死にを見てきたんだろうね。人を愛せず、人に深く関わることも出来ないまま、あんたはずっとこの世界を外側から見続けてきた。今、この時もそれでいい。中に入ってきてはいけない」

「人を愛しては、いけないのか?」

「愛していい。愛して欲しい。ただ、いつかその人が亡くなって、また独りになったとしても・・・自分を呪わないで、悲嘆しないで。強く生き続けてちょうだい」



私、結構ヴィネガ様には辛い過去を背負わせているな~と思う。
それなのに、最近では更に受けにしてしまって・・・(苦笑
まぁいつかヴィネガ様にも休める時がくる事を祈るだけです。


「お前が好きだ。俺はお前を愛したい。だが、呪われたこの身体では人を愛する資格などないのかもしれねぇな」
「悪い。気にしないでくれ。単なる・・・、戯言だ」


ヴィンに幸せが訪れますように!
さて、コメントの返信致します!!
ReadMoreに・・・。

両鳥様の飼い主様。
なっがあああああああいコメント本当にありがとうございました!ってことで、返信はReadMore。




とても長いコメントをいただいたので、返信も長くなってしまうかもしれません・・・!!
それでは、まずはゆえさんから!!


ああああああもうゆえさあああんん!!!!!!
コメントありがとうございまあああす!!!!!
凄い長い!! あまりの長さにビックリしました!!
ぎゃんっもう嬉しすぎます!!!

あ、てかコメント受け付けてなくてごめんなさい!
あまりお手を煩わせてはいけないかなぁ~と思って、受付拒否にしてました!!
なんか逆に申し訳なかったか・・・なぁ・・・?
でも本当にすっごい嬉しいです!!

よし、返信しますよ!
まずはアーツさん、お貸し下さいまして有難うございました!!!
今回はアーツさん受けだったので、ゆえさん的にはどうかなぁ~と思っていたのですが・・・
ブラットさんで萌えて下さってよかった!!!!
ブラットさんは素でカッコいい方なので、もう私がヘタに書いてもカッコよさがにじみ出てくるのですよ!!
そしてそれはもちろんアーツさんも!!!
どんな場面、どんなシチュエーションにしても、このお二方は本当に上手く立ち回って、上手く絵になって下さる!!
本当に素晴らしい方々です!!
こんなお二方を5日間もお借りできて、もう・・・、本当に、感無量です。
大好きゆえさん!!!!!

ちなみに今回の小説は、ほぼノートに手書きで書いていたのですが・・・
ちょっと裏話をひとつ。
ベッドから起きたアーツさん、床に散らばっている服を身に着けるシーンがありますよね。
初めアレ、"眠りを引きずる身体を起こし、軽く服を羽織ると・・・"って書いてたんですね。
でも、ふと・・・、"羽織る"? と思って、辞書で羽織るを調べたら。

着物の上から着る。
袖を通さないで上着を着る。

みたいな事が書いてあったんですよ。
そう、"上着"なんです。
と、いうことは・・・・? この先は言えませんんん!!!!
ダメだ、マズい!!と思って、服を着るという表現に直りましたとさ・・・(あはははは

陰と陽は、私自身が思っていた事ですね。
どうもお二方を見ていると、対極にいるような気がしてしまって。
だけど実は凄く深いところで繋がっているような感じというのでしょうか。
表裏一体、というような感じが致しました。
って勝手にそんなイメージもってスミマセン・・・!!

私の子たちの中では、そういう関係の子がいないので、いつも凄く新鮮な気持ちで書かせていただいてますv

って、ああああブラットさんとヴィンを妄想なんて・・・!!!!
ダメですよヴィンなんて妄想したら、脳内から犯されちゃいますよ!!
ああぁでも我が子たちとお二方を交えて下さるなんて、もう・・・もうっっ!!!
言葉では言い表せません!物書き失格・・・!
私の中では、ずっと別次元の方々という気持ちが強かったので、同じ空間に置かせて下さるなんて思ってもいなくて・・・。
凄く幸せです。本当に有難うございます。

あぁ、憧れのゆえさんから、こんな嬉しい言葉をたくさんいただけて、もう本当に文章書いててよかった!と思っています。
心の底から愛してます!!!!!

またリアルででも、リヴででも、お逢いしましょうね!
ゆえさんとたくさんたくさん話したい!!

本当に長いコメント、そしてメール有難うございました!!!!!!




案の定、とっても長くなってます。
続いて、ペコさん!!


ペええこおおおさあああああんん!!!!(初っ端から叫びすぎスイマセン・・・!
うああああ長いコメントありがとうございます!!!!

いや、もう正座なんてしないで、寝転がりながらでも見てください!
そんな畏まるほどの小説は書けていませんから!!!!
もう、アレですよ。モデルさんのお二人が良すぎるんです!
どんな場面でも、どんなシチュエーションをもってきても、ぴったりと当てはまってくださるお二人なので、書いているこちら側がビックリするほどです。
私の文章では書き表せられないほどの、カッコよさと色っぽさ、そして魅力があります!!
あぁ本当にブラットさんもアーツさんも大好き!!!

今回はブラットさん優位なお話ですので、どうでしょう。
ペコさん的には、ちょっと満足されましたでしょうか。

アーツさんを前に砕けて笑うブラットさんも大好きですし、どこか遠くを見つめる芯に強いブラットさんも凄く大好きで・・・
何かこう、奥に凄く深く大きいものを秘めているような気がします。
ユーラと本質的に似ているのかな、なんて言っては物凄く失礼なんですけど・・・
アーツさんが、ブラットさんの心を溶かし、またブラットさんもアーツさんを救い(掬い)上げているような・・・
本当に強く繋がっているお二人なんだろうなぁ、とそう思っています。
何だか意味わからなくてスイマセン。

さて、ここでもひとつ書いているときの裏話を。
今回はほとんどノートに手書きで書いていたんですね。
それで、一番最後の場面で、「本当に暖房器具扱いだな」っておっしゃってた場面がありましたが。
どうやらその時、私自身が凄く眠かったようで・・・
そのセリフの横に、ミミズが這ったような字で

これぞまさしく100%の最高級羽毛! 温かさだけでなく愛も篭ってます!

って書いてありました・・・orz
どこのテレフォンショッピングだろう、とあとで自分で突っ込んだ記憶があります。

・・・失礼しました!!!


また、最後の最後で、ブラットさんだけでなく、ドランクちゃんも無断拝借・・・!
あああもう本当に申し訳ありません!!!
ドランクちゃん好きなんです!!
ホントかわいらしいんですもの!!!
うちの子はむさ苦しい男ばっかなので、女の子を書くのが凄く楽しかったです!

というか、今回のバレンタイン改装でのドランクちゃんに、本気で惚れました!!
可愛すぎです! 本当にもう、男じゃなくても惚れます・・・!!

すごいなぁ、ペコさんは・・・。
本当に尊敬致します。大好きです。

あといつも思うのですが、ペコさんの悶え要素って、私の悶え要素と重なることが多いなぁ・・・と。
日記などを拝見していて、あぁわかる!!!っていうことが何度もあります。
マダ社もそうでしたし・・・。
だからこそ、何だろう。ペコさんがぽろっと零した言葉は、凄く文章にしやすかったりするんです。
だからどうした、という感じですが・・・!!(汗

ああ~また長くなってしまった・・・。
またいつかリアルででも、リヴでも、お逢いできたら嬉しいです!
ペコさんとお話したい! ブラットさんともお話したい!!
ヴィンが失礼な事してごめんなさい!!

それでは、長いコメント本当に有難うございました!!
大好きです!!!!



おしまい。
やっぱり長かったよ!
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://fenly.blog31.fc2.com/tb.php/681-c11d9f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Web拍手





最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

Author:静稀
設定上は24歳の男だったりします。
あくまで・・・設定ですけどね



最近のコメント



著作権表示

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。 リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。 このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社とは一切関係がありません。



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メロ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。